花岳寺(H21.9.15)

 赤穂浅野家の菩提寺、花岳寺です。

 撮影日時は、9月11日の午前11時10分台から11時30分台です。

山門本堂
義士墓所入口義士墓所
浅野長矩と大石父子の墓四十七士の墓
浅野長重(藩祖の父)の墓大石なごりの松
大高源五の句碑鳴らずの鐘

 *以下の解説は、花岳寺発行の冊子の記述を参照しました。

 ○臺雲山花岳寺は、正保2年(1645)に藩祖浅野長直が常陸笠間から赤穂に転封になった時に、浅野家の菩提所として建立されました。花岳寺という寺号は、浅野長直の父長重の法名「華嶽院」にちなみ、臺雲山という山号は、長直の母(長重の正室)の法名「臺雲院」にちなみます。上には、長重の墓所の写真のみ掲載しましたが、他に藩祖長直、二代長友(長矩の父)の墓所もあります。

 ○山門は、もとは赤穂城の城門(城の西の塩屋惣門)でしたが、明治6年にこの門が取り壊されることになり、それを惜しんだ花岳寺が買い取って寺の山門としたものです。

 ○義士墓所は、中央に浅野長矩の墓、その向かって右側に大石内蔵助、左側に大石主税の墓があり、それを取り囲むように45人(寺坂吉右衛門を含む)の墓があります。義士の三十七回忌に当たる元文4年(1739)に、当時の赤穂藩を領していた森家の家臣有志が建てたもので、伝によれば、義士の遺髪を埋めているということです。当時寺坂は存命しており、寺坂の墓のみは後年建てられたということです。

 ○大石なごりの松は、元禄4年(1691)、大石内蔵助の母松樹院が亡くなった時、内蔵助が、松が好きだった母の冥福を祈るために、領地相生村の裏山からここに移植した2本の松です。浅野家断絶によって、赤穂を立ち退くことになった時、内蔵助は先祖の墓に詣で、この松の下で名残を惜しんだことから、「大石なごりの松」と呼ばれるようになりました。松は繁茂し、播州の名松と謳われましたが、昭和2年(1927)に松食い虫のために2本同時に枯死しました。年輪を調べると、樹齢310年だったそうです。内蔵助が移植した時点で樹齢70余年だったことになります。

 ○大高源五(子葉)の句碑には「こほるゝをゆるさせ給へ萩の露」の句が彫られています。この句は、源五が浅野長矩の参勤に従って江戸から赤穂へ帰る道中の元禄10年7月20日、近江大津の義仲寺にある芭蕉の墓に詣でて詠んだもので、碑の文字は源五の自筆を臨書したものです。

 ○鳴らずの鐘は、二代浅野長友が父長直の菩提のために奉納したものです。元禄16年2月、四十六士が切腹したという報を聞いた赤穂の町民が非常に悲しみ、花岳寺に集まって、この鐘を撞きまくった結果、この鐘は音韻を失ったということです。「音韻を失った」という意味がよく分かりません。四十六士を悼むために撞いたことで、この鐘には特別の意味が生じ、以後、時の鐘などの日常の用途のために撞くようなことはできなくなってしまった、ということでしょうかね。


←「赤穂地図」に戻る